カテゴリー: 河口の旅行記録

河口の一発目は期待はずれ

このおばさんについていくと河口で最も大きいといわれている「河口金明辺貿商場」に連れていかれました。

ただ、ネットで聞いていた話だと女の子から服を破られるくらい引っ張られて勧誘されると聞いていたのですが、全く何のアプローチもないので拍子抜けしました。

しかし、後日一人で行ったときにそのアプローチの激しさを体験する事になるのですが、またそれは後の話です。

そして、結局おばさんの経営する置屋につれていかれ2人しかいないラインナップの中からチョイスする事になりました。

正直、二人とも微妙だったのですが、わざわざ翻訳ソフトで頑張ってくればおばさんの事を考えるともうしわけなくもあり、結局愛想はないけどそこそこ顔がいい20歳のベトナム人の女の子を選びました。

置屋のプレイ部屋は話には聞いていたのですが、非常はしごのようなところを登った上にありました。

ゴザがひかれていて、ほとんどカプセルホテルの部屋くらいのサイズです。

女の子たちの普段の寝る部屋なのでしょうか?

ここで20歳のベトナム人とプレイしました。

キスダメ・胸もあんまり触ってほしくないといった雰囲気の完全なサービス地雷でした。
しかし、本来ならこのようなサービス地雷にあたるとなかなか逝けない自分ですが、今回はこの旅行に向けて1週間の禁欲を行っていたため、5分程度で速攻多量発射することが出来ました。

まぁ、初回の偵察なのでこんなものかなといったところでした。